無断欠勤 退職届 郵送

無断欠勤のまま退職する場合、退職届を郵送してもかまいません。

スポンサーリンク

 無断欠勤をして、退職届を会社に提出する場合、どうしても出社したくないというのであれば、退職届を郵送してもかまいません。
ただし、相手側が郵便物を受け取っていないと主張する場合もありますので、郵送する場合には、内容証明または配達証明で送るようにしましょう。
配達証明の場合には、書留で送るようになります。
 2週間以上無断欠勤が続いた場合には、懲戒解雇の正当な理由になってしまいます。
懲戒解雇の場合には、再就職の際にリスクとなってしまいます。
その点、退職届さえ提出していれば、例え会社側が退職を認めてくれないとしても、法的には退職届提出後、2週間経過すれば、退職することができます。
年次有給休暇がある場合には、退職までの期間に、有給を充てることをおすすめします。
 スポンサーリンク

 前述しましたように、万が一に備えて、退職届は内容証明郵便で送るようにしましょう。
また、会社から支給されている備品類も、すべて会社に返却します。
ただし、IDカードなどが返却物に含まれている場合には、紛失すると厄介ですので、万が一に備えて普通郵便ではなく、書留で郵送するようにしましょう。
 離職票は、退職時に会社からもらう書類であり、失業保険をもらう時に必要になります。
離職票は本来、退職者から要望があった場合には、会社には発行しなければいけない義務があります。
代理人を立ててはいけないという決まりはありませんので、何らかの理由で、無断欠勤が続いていて、会社に離職票を取りに行きたくないという場合には、代理人に依頼することもできます。
スポンサーリンク