無断欠勤 謝り方

無断欠勤をした際の謝り方について

スポンサーリンク

社会で仕事をしている人の中には会社を無断欠勤してしまった経験がある方もいます。
無断欠勤をすることで、同僚や上司に迷惑をかけてしまう可能性が高いので注意が必要です。
会社によっては一度でも連絡をしないで仕事を休んでしまうと解雇されたり、給料が減額されたりすることもあります。
そして何より周りの人からの信頼を失ってしまうので仕事を休む時は事前に連絡をすることが重要です。
また近年はアルバイトやパート、派遣などの非正規として働く人が増加しています。
非正規で働いている方は無断欠勤してもあまり咎められることはないと考えている方もいますが、正規であれ非正規であれ仕事を任されているのでその責任感を持つことが必要です。
スポンサーリンク

次に無断欠勤をしてしまった際の謝り方について説明をします。
まず無断欠勤をしてしまった時はできるだけ早く会社に連絡をすることが大事です。
できれば上司の方に連絡をすることが望ましいですが、どうしても連絡が取れない場合は同僚などに謝罪の電話をすることが大事です。
そして会社へ行った時の謝り方のポイントとしては言い訳をしないことです。
謝罪の時に言い訳をすると相手によっては不快に感じることもあり、嘘の弁解をしてもばれてしまうことがほとんどです。
よって素直に自分の過失を認めて謝るようにします。
そして今後は無断で欠勤することは絶対にしないと述べておくようにします。
会社によっては始末書などを書くことを要求されるかもしれませんが、それにもきちんと対応することが大事です。
スポンサーリンク