無断欠勤 解雇日数

無断欠勤と対応と解雇までの予定解雇日数について

スポンサーリンク

無断欠勤とは、その字の通り連絡なしで無断で仕事を欠勤する事を指します。
無断欠勤してしまう理由はいくつか考えられます。
例えば、仕事や上司の事で悩んでいる事や何かへの抗議といった場合もあります。
抗議の場合は、会社や仕事へ何か不満に思いその意思を通すために無断で欠勤するような人もいます。
この場合は、大体その意思が通るような事はあまりなく欠勤してしまった人は懲戒や給与が減るなどになってしまいます。
また本当に連絡が出来ないといったケースもあります。
事故や急病または家族の事故などで連絡をする事が出来ないような事もあります。
もし従業員が無断欠勤した場合、企業側はまずその理由を問いただしそれに応じて対応する事が大切です。
スポンサーリンク

無断欠勤が続いている場合の対処法は、企業の就業規則に記されている事が多いです。
しかし解雇の場合は、その人が無断で休んでいる理由や行動が解雇に値するかをしっかり確認しなければなりません。
突然解雇予告通知を送り、懲戒解雇までの解雇日数を提示するなどすると後ほど不当手続きとして訴えられる事があるので注意が必要です。
また労働基準法には、無断で欠勤した場合の解雇までの予定解雇日数は2週間以上が目安となっています。
しかし日数だけの問題ではなく出勤の催促などを企業側は行う必要があるなどいくつかの条件があります。
懲戒解雇は、どんなに態度が悪い従業員でも、日々の行いが悪質で改善の見込みがないなどと判断されないとする事が出来ない最後の手段です。
スポンサーリンク