公務員 無断欠勤 処分

公務員が無断欠勤をした場合の処分について

スポンサーリンク

公務員が職場を無断欠勤する場合はいくつか考えられます。
例えば故意ではない欠勤理由としては、一人暮らしで朝に急な事故や体調不良などにより救急車で入院をした場合などです。
この場合はやむを得ない理由があると考えられる事例に当たるといえるので一般的には処分の対象とならない事が多いと考えれています。
また自然災害などの理由で公共機関が一日中停止した場合なども無断欠勤とならないケースがあります。
これとは反対に無断欠勤となり得るのは、通勤途中で電車などが遅れて職場に連絡をしないで休んだ場合です。
この場合は携帯電話や公衆電話などで職場に連絡をする義務があるため、処分の多少となり得ます。
一般的には口頭注意などのケースが考えられます。
スポンサーリンク

公務員はその職種は様々ですが、例えば教師であったり消防隊員であったり国家機関の研究者であったりします。
共通しているのは無断欠勤をした場合に職場だけではなく市民に多大な迷惑を被る可能性があることです。
そのため無断欠勤の理由によっては停職や減給、場合によっては解雇処分を下されることがあります。
例えば担任を受け持つ教師が自己の勝手な都合により数日間黙って欠勤をした場合は、子どもに対する影響も考慮して減給処分となるケースがあります。
またその他の職場の公務員では停職数日間から1ヶ月の処分が下されるケースがあります。
欠勤の理由が例えば飲酒運転を隠すためなど犯罪に関わるほどの悪質な場合は解雇が検討されます。
スポンサーリンク