会社 仕事 無断欠勤 損害賠償

会社を無断欠勤して仕事に支障があった場合の損害賠償請求

スポンサーリンク

会社に雇用された労働者には、年次有給休暇が付与されます。
これは、休暇を取得しても勤務した時と同様に扱われて、給与の支給対象となる、労働基準法が補償する制度です。
年次有給休暇の付与日数は、勤続年数の比例して増加します。
労働基準法では、雇用期間が6ヶ月の正社員に対して、最低10日以上を付与するとしています。
以降は1日づつ増えるなど、各企業が定めた規則に従います。
この場合、雇用開始から6ヶ月経過するまで付与されないという意味ではありません。
一般的には、雇用開始と同時に付与されて、6ヶ月経過時点で10日以内の休暇であれば、有給休暇として扱われます。
また、正社員の場合は、1日8時間、週5日の勤務のような所定労働時間が基礎となり、その8割を労働した場合に補償されます。
一方、パートやアルバイトに関しても、年次有給休暇は付与されます。
但し、1日の労働時間が正社員の所定労働時間と同じでない場合もあり、正社員よりも付与日数は少なく設定されています。
スポンサーリンク

しかし、有給休暇があるからといって、好きな時に自由に休暇を取得して良いわけではありません。
急病などの不可避なケースを除き、事前に休暇を取得したい旨を上司や関連部署に了解をとることが社会人としてのマナーであり、仕事を円滑に進めるためには必要なことです。
特に、無断欠勤などは問題外です。
たとえ、労働基準法が労働者の身分を保護していても、無断欠勤をした労働者を保護することはできません。
一般的には、減給等の処分対象となり、解雇事由にもなりえます。
会社側の立場から、無断欠勤によって仕事に支障をきたしたり、大きな損失を被った場合は、労働者に対して損害賠償を請求する可能性もあります。
但し、会社側の管理責任が問われたり、一方的に労働者だけに責任を負わせることが妥当とは言えないため、損害賠償の請求までは困難というのが、日本の過去の判例です。
スポンサーリンク