アルバイト パート 無断欠勤 解雇

無断欠勤が続くアルバイト社員やパートタイマーを解雇できるか

スポンサーリンク

今日、多くの事業所でアルバイト社員やパートタイマーの無断欠勤が悩みとなっています。
1日や2日だけならまだしも、継続的に無断欠勤をしており、連絡をしても出勤に応じなかったリ、電話に応答しないようなケースもあります。
このような状況になった場合、事業所側は直ちに素の労働者を解雇できるのか、という疑問が生じます。
解雇について、法律上は予告の手続き(30日以上前に予告するか、30日に満たない場合は予告手当を支払う)を定めているにすぎず、その有効性については民事上の問題、即ちそれぞれの事情に応じて裁判の場で判断されることになります。
裁判において有効性が認められることのハードルは高く、それ故に解雇については即決するのではなく慎重に検討する必要があります。
スポンサーリンク

アルバイト社員やパートタイマーが無断欠勤を続ける場合、まずはダメで元々で本人とコンタクトをとって出勤要請を行い、その際のやりとりを記録しておきます。
それが何度か続くようであれば次は内容証明郵便などを用いて文書にて出勤要請を行い、期限までに出勤しない場合には労働契約解消を検討せざるを得ない旨も記載するようにします。
そして、期限までに出勤がない場合には解雇とし、同じく内容証明郵便など配達の記録が残る形で本人に文書を郵送します。
かなり回りくどい方法ではありますが、このくらい慎重に行わなければ裁判になった場合に有効性は認められません。
尚、このような手順を踏んで解雇するのは当該労働者が無期雇用の場合であり、有期雇用の場合には期間満了をもって自然退職扱いにする方がベターといえます。
スポンサーリンク