無断欠勤 退職 通知

無断欠勤が続いた社員には退職勧告や解雇通知

スポンサーリンク

企業に勤める社員は、業務命令に従って一定の仕事を遂行して給与などの報酬を得ます。
一般的には、入社と同時に、各企業の就業規則に関して説明があり、社員は合意をして業務を開始します。
この就業規則は、労働基準法や関連する法律の下で作成されたものであり、社会通念上、社員に著しく不利となる規則であってはなりません。
つまり、雇用主である企業と雇用される労働者は、法律の下で平等な関係にあります。
例えば、就業規則には有給休暇に関する規定が掲載されています。
休暇取得の申請は3日前までに行なわなければならないと就業規則に記載があった場合、労働基準法に記載がないからといって、社員はこの規則を無視して良いということではありません。
理由は、社会通念上、違和感のない規則であるためで、社員は規則に従う必要があります。
スポンサーリンク

とは言っても、病気や事故など、避けられない事態によって事前に休暇申請ができないケースもありますので、これが即刻、社員の不利には働きません。
しかし、無断欠勤の場合は話が別で、欠勤の理由が何であれ、会社に連絡ができないとは考えにくいです。
無断欠勤が続くと、社員に働く意志があるのか、会社側も疑念を抱くことになります。
ところが、無断欠勤が続いたとしても、会社は社員を即刻、退職を迫ることはできません。
会社が社員を解雇する場合は、30日以上前に社員に解雇予告をすることが労働基準法で定められています。
まずは、社会通念上、2週間程度の欠勤の段階で、会社は社員に対して、「所定の期日までに会社に連絡を入れる」ことを通知などで要請します。
これは、社員の安否確認が会社側の義務であるためです。
それでも、出社に応じない場合に初めて、解雇通告を行なうことができます。
つまり、無断欠勤という社会人としてのマナーを疑う行為があっても、社員は身分がある程度、補償されているため、社員を退職させる場合は、通知等で警告をしてから解雇通告という手順が必要となります。
スポンサーリンク