仕事 無断欠勤 給与 減額

仕事を無断欠勤した場合は給与の減額が一般的

スポンサーリンク

会社に勤務している労働者は、正社員、契約社員、派遣社員などの雇用形態によって多少、異なりますが、勤務する会社との契約に従って業務を遂行し、給与や勤務時間、超過時間、休暇などの規則も労働者と雇用主との間で合意されています。
一般的に、正社員であれば就業規則に従い、派遣社員であれば派遣元の就業規則と勤務先との調整によります。
休暇に関しては、勤務先の会社が年間の休日を定めています。
例えば、土・日曜日や祝日、年末年始や夏季休暇などが該当します。
その他に、忌引や本人の結婚など、特別休暇として定められている場合が多いです。
さらには、労働基準法が定める年次有給休暇があります。
これは、1年間の勤務につき、最低10日を労働者の権利として付与され、勤続年数に応じて付与数が増加します。
付与日数の範囲内であれば、勤務した場合と同じ条件で給与が支給されます。
スポンサーリンク

特別休暇や有給休暇は、労働者の権利とは言っても、自分本位に取得することが容認されるわけではありません。
病気や怪我による場合は当日に連絡するか、長期に取得する場合は事前に上司や関連する部門の社員に知らせておくことが、取得する際のマナーになります。
これによって、仕事に支障を来たすことをある程度は避けられます。
しかし、稀に無断欠勤をする労働者もいます。
無断欠勤は、一緒に仕事をしている人達に迷惑をかけ、社会人としてのマナーを著しく欠く行為であります。
無断欠勤をしたために、即日に解雇されることは一般的にはありません。
但し、就業規則に解雇事由が明記されていて、会社からの注意勧告にもかかわらず、何度も繰り返して、改善の見込みがないと見なされた場合は、解雇になる可能性が高いです。
また、特別休暇や有給休暇と比較して、無断欠勤が大きく異なる点がもう1つあります。
それは、前者は事前に連絡があって了承されているため、通常の勤務と同等に給与が支払われますが、後者は了承がないため、一般的には、その日は給与が支払われずに減額扱いとなります。
つまり、会社と労働者間の合意の下で休暇の取得が認められるので、無断欠勤は合意がなく取得した休暇と見なされ、減額扱いとなるのが一般的です。
スポンサーリンク