無断欠勤 退職 理由

遅刻や無断欠勤をする社員を退職させられない理由

スポンサーリンク

遅刻や無断欠勤をする社員が職場にいると、モラルハザードの要因となります。
かといってそれを理由に即解雇をできるわけでもないですし、自己退職へ導くこともパワハラにつながってしまい、手を打つのが困難である、というのが実情かと思います。
ですのでそれら問題行動に対しての対策を講じる必要があります。
まず必要なのは職場のルールを明確にすることです。
これは問題行動を起こす人を対象にしているのではなく、その職場にいる人全員に等しく公平にルールを適用する、ということです。
例えば何らかの理由で優遇されている人がいると、ルールに対して例外を作ってしまうことになります。
その為、職場全体のモラルが低下する温床となってしまいます。
スポンサーリンク

2つめは適切な指導を行うことです。
無断欠勤を理由に退職を迫ることは社会的にも認められにくいです。
ですので、無断欠勤をした理由を明確にしたうえで、やむを得ない事情があってのものなのか、そうでなく自身の怠慢や意識欠如から来ているものなのかを明確にします。
その上で、後者の場合であればその対策を「約束」として書面にすることで、再発した際にそれがきちんと履行されているかの争点にする必要があります。
このように、職場のモラルを維持したうえで、それでも問題行動が治らなかった場合には就業規則に則った処罰で対応をする土壌ができます。
単純に退職を迫ったり解雇を通告してしまうと返す刀で切られる可能性がありますので、十分配慮の上での対応が必要となります。
スポンサーリンク