無断欠勤 顛末書

無断欠勤をしてしまったら、自分から顛末書を提出する

スポンサーリンク

一度無断欠勤をしてしまったら、それだけで解雇されるか、というとそうした企業は少ないものです。
しかし、正社員であれ、派遣や契約社員、短期雇用や短時間雇用のアルバイトの別を問わず、上司や同僚、部下から不審な印象を抱かれてしまうのは、仕方がありません。
上司から始末書や顛末書の提出を求められることがあれば、寧ろそれは幸いです。
何も咎められない、或はちょっと尋ねられるだけで、理由説明のチャンスを与えられない場合は、自分から顛末書を提出することが、今後仕事を続ける為により良い対策であると言えます。
何等かの事情があり遅刻や欠勤しそうな場合、雇用形態を問わず、数時間の勤務時間中に連絡ができない、とは考えられませんので、無断欠勤という結果をリカバーする為には書面で提出し、誠実さを示すことが重要です。
スポンサーリンク

無断欠勤の顛末書と始末書の違いは、前者が無断で欠勤した理由を軸に、事情経緯を説明することにウェイトを置く書面であり、後者は反省や謝罪が文章の中心になるものです。
勿論両書面とも、事情及び理由説明と反省及び謝罪を記述しますが、重きをどちらに置くかが違います。
企業風土や職場全体の考え方を読み取り、勤務先で同様の前例を知ることができれば、それを参考にして、どちらを提出するか選択をします。
無断欠勤の顛末書、始末書には書き方のコツがあり、インターネット上でビジネスマナーや商習慣、ビジネス文書についてまとめたサイトを見れば、模範的な書式を知ることができます。
企業によってはケースに応じた顛末書や始末書のフォーマットがありますので、上司や先輩に尋ね、誠実さと反省を示すチャンスも逃さないようにしたいものです。
スポンサーリンク