無断欠勤 退職届 書き方

退職届の書き方および無断欠勤の回避

スポンサーリンク

自己都合によって一般の民間企業(会社)を退職する場合、「退職届」あるいは「退職願」を提出します。
両者には違いがあります。
一般的に、会社を退職する場合、事前に直属の上司に退職の旨を伝えて、仕事の区切りや引き継ぎの都合を考慮しながら退職日を決定しますが、会社と本人の合意があった上で提出するのが「退職届」で、退職日の2週間前か、それ以上前に提出します。
一方、「退職願」は会社との合意を得る前に提出するもので、退職のお伺いを立てる意味合いのもので、取り消しが可能です。
社会人のマナーとして、いきなり「退職届」や「退職願」を提出することは避けなければなりません。
また、合意がないうちに提出して、退職日まで休暇を取る行為は、有給休暇の取得ではなく、無断欠勤と見なされるケースが多いです。
あくまで、会社との合意の上で、諸手続きがなされるべきであり、有給休暇の取得も合意が必要です。
無断欠勤として扱われて、復職の意思がないと確認されれば、解雇事由にあたり、減給や離職票の退職理由欄に「解雇」と記載されてしまう可能性もあります。
スポンサーリンク

「退職届」の書き方ですが、原則として、手書きの直筆で作成します。
内容は縦書きで書きます。
先頭に表題を書いた後で、1行目に提出する日付を、2行目には会社名称と代表取締役社長名を書きます。
3行目には本人の所属部門および氏名を書きます。
そして、最後に退職理由を書きます。
ここでは、退職の詳細な理由は書かずに、「一身上の都合により、何月何日をもって退職致します。
」と簡略化した内容を書くのが一般的です。
なお、3行目の本人の所属部門名および氏名を最後に書いてもいいです。
最後に、白無地の封書に包み、封書の表面には「退職届」と書き、裏面には所属部門と氏名を書きます。
そして、直属の上司に提出します。
書き方も重要ですが、退職日を決定するまでの過程と提出先も、円満に退職するには重要です。
スポンサーリンク