無断欠勤 解雇 失業保険

無断欠勤で解雇された場合の失業保険給付

スポンサーリンク

会社に入社した場合、労働者は労働基準法や会社の定める就業規則に従って、業務を遂行しながら、給与や諸手当等の報酬を受け、休暇などを取得できます。
また、健康保険や厚生年金、雇用保険等にも加入して、その保険料は会社と労働者の双方が一定の割合で負担します。
これらは、雇用主である会社と労働者との間で締結された合意です。
したがって、会社は予告なく労働者を解雇できませんし、労働者も業務命令に従って、規律を守らなければなりません。
例えば、労働者には年次有給休暇が付与されており、付与数の範囲内で取得することは可能ですが、無断欠勤をしてはなりません。
あらかじめ、急病や不可避なトラブルの場合を除き、あらかじめ会社側の合意を得た上で取得する必要があります。
無断欠勤である場合は、合意のない休暇ということで減給となる可能性も高く、また、解雇事由にもなります。
スポンサーリンク

労働者が会社を退職した場合、次の就職先を探すための準備期間は必要です。
一般的に、会社に入社した時点で雇用保険に加入するので、退職後に次の就職先が決まるまでの失業期間に失業保険が給付されます。
給付される期間(日数)は、退職理由と雇用保険の加入期間、年齢によって変動します。
退職理由が「自己都合」の場合、雇用保険の加入期間だけで給付期間が決定します。
例えば、加入期間が10年の場合は120日間、給付されます。
退職理由が解雇等の「会社都合」の場合、加入期間が8年で40歳の場合は180日間、給付されます。
失業保険の給付開始日も退職理由によって異なります。
いずれの場合も、ハローワーク等で手続きを踏んだ上で1週間の待機期間が必要な点は同じですが、「自己都合」の場合は3ヶ月後に給付され、「会社都合」の場合は即刻、支給されます。
これは、退職にあたって、「自己都合」の場合は準備期間を得た上で退職したと見なされるのに対して、「会社都合」の場合は、突然の通告を受けた場合も想定して準備期間が十分ではないと見なされるためです。
「会社都合」には、業績悪化による人員削減の場合もあれば、無断欠勤などの個人の過失等による解雇の場合もありますが、同様に扱われます。
スポンサーリンク