無断欠勤 うつ

無断欠勤してしまうのはうつ病の証拠

スポンサーリンク

無断欠勤してしまうのはうつ病が原因かも知れません。
会社に行くのがおっくうだったり、朝ベッドから出られなかったり・・・
以前は毎朝、問題なく出勤できていたのに、どうも最近は仕事に向かう意欲がわいてこない。朝から体調がすぐれず、遅刻することもしばしば。私はいったいどうしてしまったんだろう??
こんなふうに思っていませんか?このような症状は仕事がなれ始め、緊張感がなくなってきた30〜40代に多く見られます。
もちろん、心の病気を抱えていながらもこれまでの経験から問題なく仕事はこなせてしまうでしょう。しかし、体調不良や会話のすれ違いを感じるようになったら、無理をせずにリフレッシュ休暇をとって生活を見つめ直す時間を設けた方がよいでしょう。
そのような症状が慢性化すると会社でもひときわ浮いた存在になってしまいます。
孤立することで心の病気は悪化します。仕事が個人作業の人は特に交流を大事にしたいです。休憩時間や終業後、同僚に相談するだけでも精神的な不安は軽くなります。
出来る限り、同僚の誘いは断らずにした方がいいでしょう。

スポンサーリンク

最初は体調不良や不眠でも対処せずにいるとやがて心の病気に結ぶつきます。本人も周囲の人も小さなトラブルを見過ごさないように心がけましょう。
さて、うつ病を発症する主な原因ですが職場環境が自分の好まない形に変化すると、それをきっかけにやる気が急激に失われてしまうことがあります。そして中にはうつ病を発症する人もいます。悪化すると、仕事の質や量をとわず、やる気がなくなります。
作業が手につかず、なにもかも嫌になって辞職や自殺さえ考えが及んでしまいます。
異動や単身赴任、転職など、職場環境の変化には強いストレスがともないます。すぐに順応できる人は良いのですが、そうでない人はストレスをためこみ、うつ病になってしまいます。
うつ病はストレスをきっかけに気力を失う病気です。仕事に趣味にやる気を感じなくなりその状態が長く続きます。なにもしたがらないため、周囲からは怠けているように見られます。
本人は怠けたいわけでかなく、気力を出せないことに困っています。意欲を出すためには、叱咤激励ではなく、休息と周囲の理解が必要です。
うつ病の症状が出てきたと思ったらとにかく休んでください。仕事から離れ、時間に追われない生活をすると次第に意欲が戻ってきます。

スポンサーリンク