事務 見下す 営業

営業職の人が事務職の人を見下す心理状態は、複雑な場合もあります

スポンサーリンク

職場では、各人に役割があり、事務職や営業職という区分などがあります。
どちらも、会社にとっては重要な役割を果たす事になりますが、立場的に、営業職が事務職を見下すケースなども見受けられます。
 営業職の人が、事務職の人を見下す心理としては、やはり売上などの数字に固執している状態でもあります。
事務職の場合には、仕事上の内容として、どちらかというと、営業前後の事務処理などが多くなります。
営業職の人からしてみると、売上を上げているのは俺だ、私だという事務職を見下す気持ちをもつ人もいます。
 営業職の人が事務職の人を見下す場合にも、本来の性格などが影響している可能性もあります。
営業職誰もが、事務職の人、あるいはその仕事を見下す訳ではありません。
元々比較的失敗が少なく、スムーズに人生を歩んできた人で、仕事でも躓きが少ないという人もいます。
勉強や仕事においても、失敗が少なく、人を見下すクセなどがついていると、どうしても優劣で人を判断しがちになります。
仕事の場合には、会社に所属する人が全体で、会社に貢献していく事になります。
しかし、見下す人の場合には、みんなで会社の利益を出すというよりも、自分が、という意識や自信が多い心理状態を有しています。
スポンサーリンク

 営業職の人が、事務職の人を見下す場合として、特に売上の数字に拘りをもっているケースなどもあります。
実績として、売上の数字について、自分の営業職としての働きがあった事を誇りやプライドにしている人もいます。
営業職の人の場合、会社によっては、明確に売上の数字などをグラフで社内の人に示している事もあります。
明らかに、売上の数字が高い状態をキープする人は、売上に直接の形で関わらない事務職の人を見下す場合があります。
 売上に大きく貢献し、事務職を見下す営業職の人はいます。
しかし、実際のところは、プレッシャーに押し潰されそうな心理状態をもっている可能性なども否めません。
会社によっては、売上が落ちてくると、周囲の状況を顧みず、かなり営業職の人を罵倒するケースなども存在しています。
この様な環境下では、自分を奮起させ、上昇気流に気持ちを置いておく必要もあります。
精神力が必要とされる場合もあります。
こっちは売上を上げるために頑張ってるんだよ、という言動や心理状態にある反面、後戻りができない状況でもあるのです。
精神状態としても、紙一重のところを保っている可能性もあり、事務職を見下す行為、意識に繋がっている場合も有り得るのです。
スポンサーリンク