仕事 無断欠勤 理由

仕事で無断欠勤をする際の理由

スポンサーリンク

仕事が辛くて無断欠勤をしようかどうか迷ったことのあるサラリーマンの方は多いのではないかと思います。
どうしても会社に行きたくない、しかし会社に行かなければ業務が滞るばかりか周りにも迷惑をかけてしまう、自分の評価査定に響いて昇進が遅れてしまう、そして何より自分が弱くて卑怯な存在であると自己嫌悪に陥ってしまうというケースが後を絶ちません。
確かに仕事の無断欠勤は世間一般から見ても良いイメージはなく、サラリーマンとしてあるまじき行為として捉えられていますが、日々様々なストレスや苦痛に耐えているからこそ、時には会社を休んでどこか遠くに行きたい、ゆっくり休みたいという願望が湧くのは仕方のないことだと思われます。
スポンサーリンク

サラリーマンとして生きていく以上、時には休息が必要なのは言うまでもなく、長年勤務するなら時には無断欠勤をするのも悪くないことです。
では仕事を休むのにどのような理由を言えば良いかで悩む方が多いのですが、一番王道なやり方が風邪をひいたため休みたいと訴えることです。
病気であればほぼ誰にでも起こりうることであるため、よほどのことがない限り上司も欠勤を拒むことは労働法の観点から許されません。
そのため、風邪を理由に休むというのは一番通りやすい無断欠勤の仕方だと言えます。
もう一つの方法は、親が病気で入院したため見舞いに行かなければならないと嘘をつくことです。
親族の不幸を理由に休むのは気が引けますが、これも無断欠勤するには非常に通りやすい理由になります。
スポンサーリンク