アルバイト 派遣 無断欠勤 損害賠償

派遣やアルバイトで無断欠勤することは損害賠償の対象になります。

スポンサーリンク

まず、派遣やアルバイトにて働くということは立派な労働契約であることを覚えておく必要があります。
労働契約である以上は、無断欠勤や遅刻によって相手企業などに損害を与える結果になった場合は損害賠償を請求される可能性は0ではありません。
たとえば、アルバイトや派遣で雇われている人が無断欠勤をした場合に起こる相手企業側の損害として、機会損失があります。
機会損失とは、本来であれば得られた機会がなんらかの理由により得られなくなった為の損失です。
アルバイトや派遣の労働者が約束のとおり出勤し、約束の通り働くことは相手企業側のあたりまえの期待です。
これによって、商品をつくったり、消費者にサービスを提供できたり出来ます。
しかしながら、無断欠勤や遅刻などでこの約束が守られない場合は企業側に損失が発生し、損害賠償の対象となります。
スポンサーリンク

それでは、相手企業に損害賠償されないために気をつけなくてはいけないことについて考えてみます。
前提として、もちろん無断欠勤や遅刻をしないのが一番ですが、どんなに気をつけていても人間ですので間違いは防げません。
不測の自体により、やむをえず無断欠勤や遅刻をしてしまうかもしれません。
そんな時には、どのような対処法が有効なのでしょうか。
まず第一に、なるべく早く謝罪をすることです。
これは当たり前に聞こえるかもしれませんが、意外と守れている人は少ないと思います。
罪の意識と、怒られることを考えると隠したい、もしくはこのままバックレてしまいたいという欲求が顔を出し、連絡や謝罪をすることがない場合が非常に多いです。
しかし、相手企業からしてみれば、どうしてそのような状況になったのか理由を確かめたいのは明らかなので、怒られるのを覚悟して早めに連絡するのがいいでしょう。
スポンサーリンク